スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセンジャー黒田さん活動再開(時事通信)

 暴力事件を起こし、謹慎していた漫才コンビ「メッセンジャー」の黒田有さん(40)が4日から活動を再開する。所属事務所が3日、発表した。
 黒田さんは昨年12月に大阪市内の飲食店でトラブルを起こして傷害容疑で逮捕され、起訴猶予となった。事務所は1月12日から活動を休止させていたが、「本人も十分に反省し、関係者やファンから復帰への理解もいただけたと判断した」としている。 

【関連ニュース】
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認
乗組員傷害容疑などで追送検=捕鯨妨害のSS活動家
捜査の行方見守る=行司逮捕で相撲協会
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か
同居男児虐待、少年を逮捕=傷害容疑、暴行後死亡

<訃報>石本隆一さん79歳=歌人(毎日新聞)
中国人船長を逮捕=2人不明の貨物船衝突-徳島海保(時事通信)
<和歌山強盗殺人>牧野被告の無期懲役確定へ 上告棄却で(毎日新聞)
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配(産経新聞)
住宅火災で3遺体発見=岩手(時事通信)

規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の下に設置された規制・制度改革分科会(会長・大塚耕平内閣府副大臣)は29日、都内で初会合を開き、鳩山政権での規制改革論議を本格的にスタートさせた。6月をめどに各検討テーマについて対処方針を決める予定。各省庁の抵抗が激しい場合は、公開の場で関係者を呼んで議論する「規制仕分け」も検討する。
 会合の冒頭あいさつで枝野幸男行政刷新担当相は「これまでの規制改革は、厚い壁に阻まれて緩和されていないところと、逆に緩和だけが進んで弊害が生じた両面があった」と指摘。メンバーに対し、「消費者や利用者の視点を持って、現状の規制を見直してほしい」と求めた。 

【関連ニュース】
独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(4)俳優 國村隼さん(産経新聞)
10年度予算、24日夕に成立(時事通信)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告-人事院(時事通信)
<福岡性的暴行>英会話学校の米国人経営者を起訴(毎日新聞)
海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)

<名誉棄損>ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める(毎日新聞)

 診療を装ってわいせつ行為をしたとして準強制わいせつ罪に問われ、無罪が確定した福岡市内の男性医師(45)が無罪判決直後に匿名のブログで名誉を傷つけられたとして、インターネット接続業者(プロバイダー)「ケイ・オプティコム」(大阪市)に発信者情報の開示を求めた訴訟の判決が25日、大阪地裁であった。河合裕行裁判長は「実際にわいせつ行為を行っていた印象を与える」として、名誉棄損を認め、発信者の住所、氏名の開示を命じた。

 判決によると、医師は06年、女性患者を写真撮影したなどとして、3件の準強制わいせつ罪に問われ、福岡高裁は昨年5月、無罪とし確定した。高裁判決の当日、ブログに「逆転無罪」の見出しで、新聞報道などを基に実名を挙げ「医療行為と称して、患者の体を触り、写真も撮った」などと書き込まれた。

 業者側は「社会的に知れ渡った情報で、無罪も記載しており、名誉棄損に当たらない」とする発信者の主張に沿って、請求棄却を求めた。しかし、河合裁判長は「全体として原告のわいせつ行為を断定し、他にも行っていたかのような表現と言わざるを得ない。新聞に記載されていたとしても、書き込みに公益目的は認められない」と述べた。【日野行介】

【関連ニュース】
名誉棄損訴訟:大学教授勝訴確定 セクハラ認めず 最高裁
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
名誉棄損:ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断
職員の名誉棄損:教育心理学会の元理事長ら敗訴 東京地裁
大相撲:八百長疑惑報道訴訟 「著名人料」加算せず 慰謝料大幅減額--東京高裁判決

<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)
<イチゴ狩り>甘い香りに誘われて…愛知・豊田(毎日新聞)
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)
<足利事件>「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙(毎日新聞)
めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察-新潟(時事通信)

<水俣病>不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事(毎日新聞)

 水俣病未認定患者団体の水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市)が国、熊本県、チッソに損害賠償を求めた訴訟の和解協議で、熊本県の蒲島郁夫知事は24日、熊本地裁が示した和解所見について「県として積極的に受け入れる」と正式に表明した。

 24日の熊本県議会で、和解合意と水俣病被害者救済特別措置法の救済措置実施を被告3者に求める決議が、全会一致で可決されたのを受け表明。知事は「県が新たな救済策を求めてから4年近くたち、被害者はますます高齢化している。所見に基づき等しく早期に救済されるよう、すべての関係者の理解を得たい」と述べた。

 和解受け入れを巡って、国は既に鳩山由紀夫首相が18日に受け入れを表明しており、残るチッソも近く取締役会で受け入れを決める予定。不知火患者会は各地区で和解内容の説明会を開いており、28日の原告団総会で正式に対応を決める。【結城かほる】

【関連ニュース】
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相
水俣病:患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で
水俣病:一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟
水俣病:69年以降生まれも救済 国が提案
水俣病:2患者団体が一時金など受諾

豚舎2棟が全焼、550匹焼け死ぬ…福島(読売新聞)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
開星高教諭、女子トイレ侵入で逮捕=ビデオに自分写り発覚-島根県警(時事通信)
雑記帳 「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
秋篠宮さま、眞子さまラオスへご旅行(産経新聞)

刑事31年、「真っ向勝負を」=被害者の痛み思い-警視庁の若松敏弘・新捜査1課長(時事通信)

 15日付で警視庁の第67代捜査1課長に就任した若松敏弘課長(57)は19日、記者会見し、「真っ向勝負をしたい」と語った。
 39年間の勤務で、刑事として31年を過ごした。贈収賄などを摘発する捜査2課には約20年在籍し、交通捜査課長、鑑識課長を歴任した。会見では、何回も「私は刑事ですから」と口にした。
 殺人などを担当する捜査1課は初めてだが、解決に執念を燃やす「1課魂」を持った捜査員を信じる。「汚い手を使わず、真っ向勝負の捜査をする」と誓った。
 理想の刑事像を問われ、「被害者の痛みが分かる人」ときっぱり。新宿署刑事課時代には、2001年の44人が死亡した歌舞伎町ビル火災で犠牲者の身元確認作業などを仕切った。
 若松課長は自身について「明るいが、気が短い。へそが曲がっているかな」と分析。前任者更迭を受けた異例の就任には「刑事ですから、命を受ければ着実に実行するだけ」と淡々と話した。
 長崎市出身。小学生の時、地元の警察で剣道を習ったのがきっかけで警察官を目指し、当初から刑事を志した。
 座右の銘は「平常心」。家族は妻と長女、長男、次男。趣味は園芸で、剣道は6段の腕前を持つ。休日は次男とのけいこや散歩を楽しむ。 

【関連ニュース】
刑事31年、「真っ向勝負を」=被害者の痛み思い
放火容疑で社員の男逮捕=滋賀リビング新聞社の火災
滋賀リビング新聞社で火災=けが人なし
排煙設備が基準満たさず=窓に板、機械なく
雑居ビル9割超が違反=調理室の清掃不十分も

<転落>橋から2人が川に 30代女性が不明 名古屋市(毎日新聞)
4万年前、中央アジアに「未知の古人類」生息 化石DNA分析、国際チーム発表(産経新聞)
学費未納は卒業認めず、7県16校の私立高(読売新聞)
可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)
郵便不正公判 証人尋問で取調官「調書“作文”ない」 メモは廃棄(産経新聞)
プロフィール

かさいしずお

Author:かさいしずお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。